笑顔を心掛ける

笑顔を心掛ける

接客業の基本は笑顔です。お客様に対してよい印象を与えて、ソフトな雰囲気を感じてもらうためには、笑顔は必要です。最初は中々笑顔は上手く作ることができないのですが、お客様への奉仕の気持ちが出来てくると自然と出てくるようになります。自分本位の考えではなく、相手に喜んでもらおうと言う気持ちがとても大切となります。
笑顔と言っても、歯を出して笑うような顔を作るのではなく、口角を上げて自然な形の笑顔を作ります。接客スタッフはお客様が一番目に接する人で、そのお店の印象を大きく左右してしまいます。お客様と対応する時だけでなく、他の作業を行なっている間、次の作業に移る前に待機している間なども気を抜かないようにしましょう。常に満面の笑みでは疲れてしまうため、周りから見られて良い印象だと感じる程度の笑顔を作ることです。普段は口角を上げるだけでも印象は良くなり、お店全体の雰囲気も良くなるでしょう。
一度印象を悪くしてしまうと中々改善する事はできません。笑顔で接してくる人に悪い人は居ないと思われているため、第一印象には気をつけてみてください。優しい雰囲気、誠実な雰囲気などを作れるように、鏡で練習してみると良いでしょう。