基本的な接客用語を学びましょう

基本的な接客用語を学びましょう

基本的な接客用語を学べば、接客はそれほど難しいものではありません。場合によってはお客様と会話し、敬語が必要になる事もありますが、基本的には7つの接客用語で対応できます。間違った言葉で対応せず、必ず正しい言葉を使うようにすれば、お客様に失礼な態度だとは思われません。
まず、お客様をお迎えする時には「いらっしゃいませ」と言います。基本的な事なので誰でも知っていることでしょう。最後にお客様を見送る場合は「ありがとうございました」で締めくくります。その間お客様から対応を求められた時には、正しい接客用語で対応します。何か頼まれた時には「かしこまりました」と言います。謝る時には「申し訳ございません」と言います。たとえお客様に落ち度があったとしても指摘する事は避け、謝罪の言葉を発すると怒りが収まることが多いです。お客様をお待たせする時には「少々おまちくだいませ」「大変お待たせいたしました」と言う声をかけましょう。
どの言葉も丁寧に感じられますし、たとえコンビニでのバイトでも基本的な言葉使いを習得していれば、お客様に不快な思いをさせる事はありません。敬語を使おうと硬くならずに、最初はこれらの言葉の使い方を主に意識してみて下さい。