丁寧なお辞儀を学びましょう

丁寧なお辞儀を学びましょう

お客様をお迎えするためには、丁寧なお辞儀が必要となります。あまり深く考えた事が無い人は、お辞儀の仕方さえも正しく理解していないことが多いようです。姿勢を正す事や、手の位置、頭を下げる角度などを詳しく習います。正しくお辞儀が出来ることも重要ですが、人をお迎えしおもてなしをする心を持って行うのが重要です。お客様に対し誠心誠意尽くすという意味を持っているため、頭だけを下げる方法は正しくは有りません。一度学んでしまえば、どの接客業にも対応することが出来るので、正しい方法を知っておきましょう。
お辞儀にも必要な時に利用する角度が異なっています。頭だけ軽く会釈する方法や、角度を付けてお辞儀する方法など種類があります。浅い角度のお辞儀はお客様とすれ違った時に軽く会釈する方法です。頭だけを下げるのは失礼に当たるため、体全体で軽く角度をつけましょう。30度の角度を付けるのはお客様をお迎えする時です。頭は下げすぎないように気をつけます。45度の角度を付けたときはお客様への謝罪の気持ちを表しています。両手は軽い会釈では両端に、30度や45度など角度をつけるときには軽く前で手を合わせます。手を下げたときに自然と手の甲が重なりあうようにします。